古い車の自動車税が値上げ!自動車税をお得に払うポイント!

自動車を持っている以上、切っても切れないのが税金です。

その中でも自動車税に毎年苦しめられている人も少なくないはず。

特に、古い車にかけられる自動車税は年々上がっていく傾向にあります。

エコカーがもてはやされる近年。自動車税もお得に払うことができるのを知っていますか?

スポンサーリンク

自動車税とは

自動車税の決まり方

自動車税とは、毎年4月1日に自動車を所有している人に支払う義務のある税金です。

毎年4月1日に自動車を所有している人に
5月中旬に振込用紙が送られてきて、
5月中に振り込まないといけません。

自動車税は車の排気量によって支払う金額が決まっています。

  • 1リットル以下・・・29,500円
  • 1.5リットル以下・・・34,500円
  • 2リットル以下・・・39,500円
  • 2.5リットル以下・・・45,000円
  • 3リットル以下・・・51,000円
  • 3.5リットル以下・・・58,000円
  • 4リットル以下・・・66,500円
  • 4.5リットル以下・・・76,500円
  • 6リットル以下・・・88,000円
  • 6リットル以上・・・111,000円

このように金額が定められています。

新車から13年経つと自動車税があがる

 

新車から一定の年数が経過した車には自動車税が重課される(重くなる)制度があります。

重課に該当する車両は

  • 4月1日現在、13年を経過したガソリン車やLPG車
  • 4月1日現在、10年を経過したディーゼル車

です。

上記に該当する車両には15%上乗せして税金が加算されます。

例として1800ccの車両には

39,500×1.15=45,425

100円未満は切り捨てになるので、
つまり45,400円の自動車税がかかるということになります。

平成26年以前は10%だったのに、27年から15%に上がっています。
このまま年々上昇していくのではとみられています。

重課される理由

古い車には環境に悪い。だから余計に支払え。
ということだそうですが、正直納得いかない部分ではありますよね。

自動車税は何に使われているのか

自動車税は地方税に分類されます。

ですので住んでいる地方自治体の税収に当たります。
用途としては道路の整備やゴミの回収、福祉、健康衛生など必要な分ももちろんありますが
地方公務員や、地方議員の給料なども地方税でまかなわれています。

自動車税をお得に払うには

払いたくなくても支払わないといけないのが税金です。

自動車税をお得に払うポイントは
クレジットカードで自動車税を払うことです。

クレジットカードで自動車税を支払うことで
少しではありますがポイントをためることができます。

自動車税は金額が大きいので普通に支払うよりも
クレジットカードで支払いをしたほうがはるかにお得です。

しかし、自動車税をクレジットカードで支払える地域は決まっており、
住んでいる地域によっては支払えない場合があるので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加