自動車取得税のよくある間違い。廃止になっても得はない!

自動車にかかる税金の種類で自動車取得税というものがあります。

勘違いされている方もいますが、自動車税と自動車取得税とは全くの別物です。

今回はどんな人が自動車取得税を払うのか、
自動車取得税にかかるエコカー減税とは何かを
わかりやすく紹介します。

スポンサーリンク

自動車取得税とは

自動車取得税とは何か

自動車取得税は新車、中古車を問わずに車を購入する際にかかってくる税金です。

自動車取得税は普通自動車と軽自動車で税率が変わってきます。

基本となるのは「取得価格」が重要になってきます。

  • 普通自動車の場合:「取得価格」 × 3%
  • 軽自動車の場合:「取得価格」 × 2%

上記の金額が課税されます。

取得価格とは

取得価格とは課税標準基準額に経過年数毎に定められた残価率を掛けたものになります。
自動車の現在の価値に相当する金額のことを言います。

残価率は経過年数毎に定められており、

経過年数:残価率

  • 1年:0.681
  • 1.5年:0.561
  • 2年:0.464
  • 2.5年:0.382
  • 3年:0.316
  • 3.5年:0.261
  • 4年:0.215
  • 4.5年:0.177
  • 5年:0.146
  • 5.5年:0.121
  • 6年:0.100

となります。

例として課税標準基準額が400万で2年3か月経過している中古車の場合

400万 × 0.382 = 1,528,000 円

つまり取得価格が1,528,000 円となります。

自動車取得税を支払わなくて良い場合

自動車取得税を支払わなくていい場合は

  • 自動車の取得価格が50万円以下の場合
  • 相続による取得
  • 6年以上が経過した車

などの場合は取得税はかかりません。

なお、障害のある方が利用される車両に関しては減免が適応される場合があります。

自動車取得税のよくある間違い

自動車取得税は取得価格にて税金がかかってきます。

取得価格とはあなたが支払った価格ではなく、
一般的に取得するためにかかるであろう価格です。

たとえば30万円の取得価格の車をディーラーが100万円で販売していたとしても
自動車取得税はかかりません。

逆に100万円の取得価格の車を無料で友達から譲り受けた場合には
自動車取得税がかかることになります。

自動車取得税のエコカー減税

自動車取得税にもエコカー減税が適応されます。

取得税に関するエコカー減税にはランクがあります。

減税割合として100%,80%,60%,40%,20%があります。

自動車取得税は廃止になる?

自動車取得税は消費税と共に加算されて
若者が自動車離れが進む要因のひとつとして問題視されていました。

ですので今後消費税が10%に値上げをするタイミングで
自動車取得税が廃止になることが決まりました。

しかし、自動車取得税が廃止されても、
その分消費税が値上げされるのでユーザーに関してはほとんど意味がありませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加