中古車の個人売買はメリットよりもデメリットが多い

最近ではヤフーオークションなど、個人でネット販売出来る環境が整ってきたので、中古車を個人で売買することも可能になって来ています。

しかし、個人売買はメリットもありますが、圧倒的にデメリットのほうが多いのでオススメしません。

中古車の個人売買について、メリット・デメリットを中心に説明していきます。

スポンサーリンク

中古車を個人売買するメリット

高く売れる可能性がある

中古車を個人で売買する目的は「高く売りたいから」でしょう。

確かに、個人売買の場合は良いお客様を見つけることができれば高く売却することは可能です。

それに、販売店を経由することでかかってくるマージン(手数料)や消費税もかからない為、手元に残る金額が高くなる可能性があります。

中古車を個人売買するデメリット

手間と時間がかかる

中古車を個人で売買するということは、業者に代行してもらっていた作業をすべて自分で行うことになります。

車庫証明の取得や、名義変更など、やり方を知っていれば簡単にできることですが、知らない場合は調べなければいけませんし、平日に時間を作って申請しに行ったりなど、手間と時間が思っている以上にかかります。

個人売買の場合、いつ売却先が見つかるかわかりません。
売却先が見つかるまで駐車場代などが必要になるのもデメリットと言えます。

トラブルの処理が大変

個人間の売買で一番厄介なのがトラブルが起こった場合の処理です。

相手が悪い取引相手だった場合、詐欺に会う可能性もあります。

車を引き渡したのに料金が振り込まれていないとか、料金の相違、思っていた内容と違うなどといったトラブルも多数報告されています。

相手が良い取引相手だったとしても、車はいつ壊れるかわかりません!

相手に引き渡した直後に運悪く壊れてクレームにでもなったりしたらとても面倒なことになります。

販売店を経由している場合は保障などで対応できますが、個人売買の場合はすべて自分で対応しなければならないのでとても大変です。

個人売買と買取専門店への売却との比較

楽で安全なのは買取専門店での売却

上記でお伝えした通り、個人売買では手間がかかり確実に売却できるかはわかりません。

買取専門店で売却することで、面倒な作業は代行してもらうことができますし、いつ売れるかを心配する必要がありません。

楽して確実に売却したい場合は買取専門店で売却しましょう。

専門家や知識があり、時間に余裕があるなら個人売買もあり

個人売買もメリットがあることは事実です。

ですが、しっかりとした車の知識と自由になる時間が必要です。

もし、あなたが専門家であったり、しっかりとした車の知識があるのであれば個人売買でもよいでしょう。

一括査定で高く売却できるところを探す

個人売買のメリットは高く売れる可能性があるということです。

じゃあ、買取専門店では高く売れないのかというと、そんなことはありません。

一括査定で複数の業者に査定を依頼することで個人売買にも負けない金額で引き取ってくれるところは見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加