オークションで車を売買するのは初心者には厳しい理由

車の売却方法の一つにオークションに出品するというものがあります。

あまり聞きなれない車のオークションですが、個人でも代行してもらい出品することができます。

しかし、車のオークションは少し複雑で注意点などもあるのでオススメはしません。

スポンサーリンク

車をオークションで売却するのはオススメしない

車のオークションの仕組み

ここで取り上げるオークションはヤフオクなどの個人で売買するようなものではありません。
B to B (企業対企業)で行われる車のオークションのことを指します。

車のオークションも一般的なオークションと同じです。

車をオークション会場で出品手続きをして、それを他の企業が購入するといったものです。

車のオークションも値段は上がっていき、一番高値をつけてくれたところで売却できるので
車を売却する場合は候補のひとつにオークションが挙げられます。

中古車オークション代行とは?

車のオークションに出品するには許可が必要になります。

許可がないと会場に入ることすらできません。

なので、車のオークションを利用する場合は中古車のオークション代行を利用することになります。

オークション代行とは、文字の通りにあなたに代わってオークションに出品、売却を代行してもらうサービスです。

オークションで車を売却するときに気を付けるポイント

オークションは比較的高値で売却できるサービスですが、トラブルの報告も多いです。

オークションを依頼する代行業者は基本的にはしっかりとしたサービスを提供していますが、
中には悪徳の代行業者もあります。

オークションで代行を依頼する場合に注意しなければならないことを紹介します。

  • 手数料は高くつく
  • 売れなくても手数料がかかる
  • 車を持ち逃げされる
  • 嘘の落札価格を言われる

このような危険性があります。

■手数料が高くつく

オークション代行は手数料に決まりが無く、個々で決められています。
業者によっては割高な手数料を請求される場合もあります。

■売れなくても手数料がかかる

オークションは確実なものではないのですぐには売れない場合があります。
その場合でも手数料がかかってくるところもあります。
手数料がかからないと謳っていても、交通費やいろいろなもので請求される場合があります。

車を持ち逃げされる

すごく悪質な業者であれば、車を預けた直後から連絡が取れなくなるというトラブルもあります。
詐欺ですよね。悪質な業者には注意しましょう。

■嘘の落札価格を言われる

オークション会場には業者しか入ることができません。
なので、落札価格を実際よりも低く伝えて差額を取ろうとしてくる業者もあります。

中古車オークション代行に参加する流れ

中古車オークション代行業者は各地域に存在します。

オークション代行 + 地域 などで検索するといっぱい出てくるでしょう。
そこの業者に依頼するのが一般的にです。

しかし、オークション代行は悪質な業者が少なからずいますので、
取引を行う際は十分に注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加