車種によって人気のボディーカラーに違いがある。

車にも人気のボディーカラーというものがあります。

一般的に人気のあるボディーカラーというのは決まっていますが、
実は車種によっても変わってきたりするのです。

人気のボディーカラーの場合は買取価格がアップすることが多いので、ここでしっかりと学んでいきましょう。

スポンサーリンク

車の人気ボディーカラーによる買取価格の違い

ボディーカラーとは車体の色のことです。

車には人気のボディーカラーがあります。
人気のボディーカラーというのは売れやすいボディーカラーのことを指します。

売れやすいということは、その分買取価格も優遇されるということです。

定番のボディーカラーはこのホワイト・ブラック・シルバー

やはり、車の人気のボディーカラーといえば

  • ホワイト
  • ブラック

この2色は王道です。

特にホワイトでも、普通のホワイトよりもパールホワイトといって、
少しきらきらしているホワイトは人気が高いです。

そして、誰にでも似合う、シルバーも人気のカラーです。
この3色の場合、どれをどの色であっても、買取の場合は優遇されることが多いです。

しかし、必ず優遇されるわけではありません。

車種によっては定番のボディーカラーよりも、
派手なボディーカラーの方が人気がある場合もあります。

スポーツカーは原色でも人気がある。

フェラーリを思い浮かべてください。
フェラーリを思い浮かべた時、そのボディーカラーは何色でしょうか。

おそらく、多くの人はレッド、つまり赤色を思い浮かべたでしょう。
このようにフェラーリのアイデンティティカラーはレッドなのです。

アイデンティティーカラーとは、「この車ならこの色」といったことです。

スポーツカーなどは派手な原色の色でも人気のある車種は多くあります。

人気カラーであれば、査定時にさりげなくアピール

自分の車が人気カラーであるならば、
査定をするときに【知っていますよ】アピールをさりげなくしましょう。

基本的には査定の担当者はしっかりとカラーも考慮して査定をしてくれるのですが、
たまに意地が悪い査定士は、知らないだろうから人気カラーであることは無視しようとするときがあります。

「この車種はこの色が人気があるんですよね。」

この一言を言っておくことで、けん制の効果がありしっかりと加味して査定をしてくれるようになります。

逆に、人気のカラーでない場合は知っているということは言わないようにしましょう。
人気カラーではないからと言って減額されるわけではありませんので、
自分から言ってしまうことで

「この車種はこの色が人気カラーじゃないので安くなりますねぇ」

といったように相手に有利な情報を与えてしまうことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加