オプション部品の査定に対する評価とは

車にはいろいろなオプションがあります。

オプションが付いていることは車の買取について、プラス評価とマイナス評価の両方があります。

車の買取にプラスの評価を与えるオプションとは何か。
逆に、買取時にマイナス評価を与えるオプションとは何かを解説します。

スポンサーリンク

オプションの種類

オプションとは、基本的な車にプラスして装着するものを指します。
オプションをつけることで自分好みの車にできます。

基本的にオプションと呼ばれるものには

  • メーカーオプション
  • ディーラーオプション

の2種類があります。

他にもカー用品店で購入して装着する外付け用品などがあります。

メーカーオプションとは

メーカーオプションとは、車の製造時に工場で取り付けられるオプションの事です。

メーカーオプションの代表としては、サンルーフや本革のシート、純正のカーナビゲーションなどがあります。

メーカーオプションは工場での製造時に取り付けるので、あとからの取り外しは出来ません。

新車購入時のみに追加できるオプションです。

ディーラーオプションとは

ディーラーオプションとは車を購入後にディーラーで取り付けるオプションのことを指します。

コチラは後から取り外しができるのが特徴です。

ディーラーオプションの代表的なものは、フロアマットやシートカバー、ETC、エアロパーツなどが挙げられます。

外付け用品とは

メーカーオプションやディーラーオプションとも違い、
純正の部品ではないのですが、車をカスタマイズできるパーツのことを外付け用品と言います。

外品のセキュリティやナビ、レコーダーやシフトノブやアルミホイールなど、様々な部品があるのが特徴です。

査定に影響するオプション用品

メーカーオプションはプラス評価

メーカーオプションは新車購入時にしか取り付けることができないので、
査定時にはプラス評価になります。

特に純正のナビやサンルーフなどは車種によってはすごい人気があるので高評価です。

ディーラーオプションは半々くらい

ディーラーオプションでは、カーナビなどはプラス評価になります。

しかし、ディーラーオプションが付いているからと言って、
過度な期待はしないでください。

ディーラーオプションは後で取り付けることができるので、そこまでのプラス査定にはなりません。

外付け用品は取り外そう

外品のパーツをつけている場合は、査定時に取り外しましょう。

マイナス評価になることが多いです。

特にコテコテなエアロパーツやアルミホイール、車高調整キットなどは査定してもらうよりも
ヤフーオークションなどで売却するほうがよっぽど価値が付きます。