新車への買い替えを前提としている場合どこで車を売却するべきか

車を売却する理由は色々とあると思いますが中でも多いのが、
新しい車を購入するために売却するといったパターンではないでしょうか。

その場合はどこで車を売却するのが良いのでしょうか。
ディーラー?買取専門店?中古車販売店?

これを知ってるだけも、損をするのを防げます。

スポンサーリンク

下取りと買取の違い

車を売却する場合に注意しなければならないのが、
「下取り」「買取」の違いです。

下取りとは

下取りとは新車や中古車を改めて購入する場合に
購入する店舗で車の価値の分だけ
次の車の購入金額を割り引いてもらえる制度です。

買取と違って現金は入ってきませんが結果として車を安く購入することができます。

下取りをしているのはディーラーが多いのですが、
ディーラーでの下取りは価格が上がりづらく、損をすることになります。

買取とは

車を買取専門店などで売却することを「買取」と言います。

下取りとの違いは現金で入ってくることです。

このお金は次の車の頭金にしても良いですし、好きなように使うこともできます。

基本的に下取りに比べて、中古車の相場に影響されやすい特徴があります。

買取をしてもらう時は、期間によっても買取価格が変わってくるので注意しましょう。

買い替え前提の車の売却には

一番楽なのはディーラーや中古車販売店

新しい車を購入することを前提に車を売却する場合、
一番楽なのは下取りとして車を売却することです。

しかし、これはオススメしません。

ディーラーなどで車を購入する場合は、値引きをしてもらえます。

値引きに関しては、どこでもやっているのでご存じでしょうが、
そこで下取りをしてもらうと売却する価格と値引き額が頭の中で合わさって、
得した気分に勝手になってしまうのです。

例を挙げるとすれば、

下取り額 100万
値引き額 30万

この場合、勝手に頭の中で合算して 130万 とします。
なぜか130万で車を買い取ってもらった気分になるのです。

ディーラー側はこれを知っているのであえて値引き額を下げて提示してきたりします。

中にはは下取り額を強調して、値引きを有耶無耶にしてくるところもあります。

これが下取りとして車を売却するのをオススメしない理由です。

少しでも高く買い取ってもらうには買取専門店

やはり、少しでも高く買い取ってもらうには
買取専門店で買取を選択したほうが確実です。

買取専門店で愛車をしっかりとした金額で買い取ってもらい、
ディーラーで車を購入するときは値引きをしっかりとしてもらう。

めんどくさいかもしれませんが、そうすることで損をすることがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加