売却時期によって売れる値段は変わります!売却にオススメの時期とは

車はいつ売却しても値段は変わらないと思っていませんか?

それは間違いです!

実は車が高く売れる時期というのがあります。

では、車が高く売れる時期はいつなのでしょうか。

スポンサーリンク

車は売却時期によって買取価格が変わる

中古車市場に関係が深い

車を売却するときの値段は中古車市場がにぎわう前にピークを迎えます。

中古車を仕入れなけば売ることができません。

なので、買取業者や中古車販売店は中古車が売れる月までに
売るための車をそろえようとするのです。

結果として中古車市場の繁忙期前に買取価格が上昇するのです。

中古車市場の繁忙月は3月と8.9月になるので、
車の売却を考えているのならばその前がオススメです。

オススメは1月から3月の間に売却する

3月には決算セールが行われる

企業は3月に決算を迎えます。

それは自動車メーカーも例外ではありません。

企業は決算の為に大体決算セールを開き、1台でも多く車を売却しようとします。

4月にライフスタイルが変わることが多い

進学や引っ越し、入学、転職などが多いのが4月です。

ライフスタイルが変わることによって車が必要になる人も少なくありません。

その為、3月に車を購入して4月からの新生活に備えるといったことになります。

 

上記の理由から、3月が一番車が良く売れる時期になります。

需要と供給を保つために、業者は1月~3月までの期間に車を集めようとしています。

結果として買取価格も高値を付けてくれるので売却するのにオススメです。

4月1日の自動車税課税を避けるために3月までに売却が良い

これは買取価格が上がることとは少し違うのですが、
4月1日に車を所有していると自動車税が課税されます。

この課税を防ぐためにも、3月末までには車を手放すほうが良いでしょう。

中古車が売れなくなる時期

もちろん、売れる時期があるということは
売れなくなる時期もあるということです。

中古車が売れない時期は買取価格も比較的低めなので売却はオススメしません。

4月

決算セールなどもあり、必要な人は3月までに
車を購入してしまう人がほとんどです。

ですので、4月は車が売れにくい時期になります。

ボーナス支給前

ボーナスが支給されてからは中古車市場も賑わいを見せてきます。

しかし、ボーナスの支給前では車を購入しようとする人は少ないので
なかなか中古車も売れません。

年末年始

年末年始はお店自体が閉まっていることも多いですよね。

年が明けてしまえば、年始のセールをしていることもあるので
販売も伸びてくるのですが、それでも比較的に穏やかであることは間違いないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加