事故歴はきちんと申告しないとトラブルの原因に

車を査定してもらうときに、事故歴があると申告しようかどうか悩みませんか?

「気づかれなかったら査定額が上がるかも」
「別に自分から損すること言わなくてもいいんじゃないか」

そんな甘い声が聞こえてきますが、
自分の把握している事故歴はきちんと申告しないとトラブルの原因になります。

今回は査定に影響のある事故歴について紹介します。

スポンサーリンク

事故歴は隠さずに申告しよう

事故歴と修復歴の違い

事故歴と修復歴という言葉。
一度は聞いたことがあると思います。

勘違いしている人も多いのですが、実は2つの言葉の意味は同じではありません。

事故歴とは、実際に今までに事故にあったかどうかです。
縁石に乗り上げてバンパーを傷つけたり、軽く衝突したりなど、
事故にあったらそれは事故歴になります。

修復歴とは、事故などにより車体のフレームなど
骨格になる部分が損傷し、修正した場合につくのが修復歴になります。

事故歴も、修復歴も査定には減額要素となりますが
きちんと申告しないとトラブルの原因になります。

事故歴は隠したらどうなるのか

どうしても自分にとって不利になることは言いたくないですよね。

しかし、事故歴などはプロの整備士には絶対にばれます。

一般の人は気づかないかもしれませんが、事故をして修復した車には
特徴があるのでそれを見れば一目瞭然です。

「じゃあ、なおさら申告しなくてもいいんじゃないか」
そう思ってしまうかもしれません。

しかし、最初の査定で万が一気づかれなくて減額されなかった場合、
後に気づかれると通常より減額される場合があるのです。

気づいていてもあえて気づかないふりをして高めの査定額を提示し、
売却することが決まってから修正個所が見つかったとして減額請求をしてくる業者もあります。

トラブルになると余計にしんどくなりますので、事故歴などはきちんと申告知るようにしましょう。

どんな時に修復歴がつくのか

先ほどもお伝えしたとおり、修復歴とはボディーの骨格部分を修正した場合につきます。

具体的には、車を正面からぶつかってエンジンルームの内部を修正した場合や
側面からぶつかられ、ドアのピラーを修正した場合などが修復歴に当たります。

ドアやバンパーの交換などだけでは修復歴とはなりませんので
自分で判断することは難しいです。

知識があるだけで減額を防げる

事故歴と修復歴に対する知識を持っているだけで無駄な減額を防げる場合があります。

査定士が査定に来た場合に、「修復歴はありますか?」と聞いてくる場合があります。
この時に、「ちょっとぶつけてバンパーとかは交換しました。」

こういう風に答えてしまうと、
この人は車に関して知識が低いな。じゃあ、少し安めに査定してやろう。

そういった悪い査定士の方がいるのも事実です。
向こうも仕事なので足元を見てくるわけですね。

その時に、
修復歴はないんですけど、ちょっとぶつけてバンパーの交換はしました。」

このように答えられることで査定士の方に
この人は車の知識がある人なんだな。

そう思ってもらえることで無理な減額を避けれることができます。

査定の場合に大事なことは
1社の査定額を無理にあげるのではなく、
複数の業者から高く買い取ってくれるところを探すことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加