愛車の値段が洗車で変わる?車を高く売るためのコツ

車を買い取ってもらうだから、1円でも高く買い取ってほしいのは当たり前。

車を査定する場合は愛車を洗車したほうが良いのか。
それともありのままで査定した方が良いのか。

悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

洗車はしたほうが絶対にお得です!

車を高く売るための洗車のコツをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

査定前に洗車をする理由

営業マンの心象が良くなる

営業マンは査定するときはあまり時間はかけません。
特に買い取りのプロの営業マンはサッと見ただけで買い取り価格を決めてしまいます。

営業マンはキズやへこみなどの直接的な部分はもちろんですが、
間接的な部分も見ています。

営業マンが見ているのは車を大事に扱っているかということです。

日ごろから車を大事に扱っている人は車内や
車のメンテナンスにも気を使っていると判断します。

結果として車を大事に扱っていない人よりも
大事に扱っている人を優遇します。

大事に扱っている車の方が
買い手が付きやすい(売れやすい)からです。

キズがわかりやすくなる

「洗車をするとキズがわかりやすくなって損をする。」

こんな話を聞いたことありませんか?

それは大きな間違いです。

そもそも、ちょっと洗車したくらいで見えるような傷を
プロの営業マンが見逃す訳がありません。

むしろ、キズが見えないことにより余分に査定額が減少される場合があります。

ちょっと考えれば当たり前ですよね。
向こうも仕事なので傷があった場合のリスクはわかっています。

汚れていると実際には傷じゃないのに傷っぽく見えてしまったり、
確認する手間を省くために保険として査定額を減少することは普通のことです。

以上の理由により、車を査定する前にはしっかりと洗車することを心がけましょう。

愛車を査定する前にしておきたい洗車方法

ボディーの汚れを落とす

一番簡単にできるボディーの洗車は絶対です。
汚れはまず水で流して洗剤でちゃんと洗車しましょう。

次に細かい線傷などはオートバックスなどに売っている
コンパウンドで磨けば結構落ちます。

あらかじめ自分で落とせる傷を落としておくだけでも
査定額を上げれることがあります。

エンブレムなどの 細かいところも綿棒や歯ブラシなどでこすることで
簡単に汚れが落ちるのでオススメです。

タイヤにはワックスをつける

タイヤの汚れも結構目立つものです。
ホイールなどは水洗いし、雑巾で拭くとだいぶ汚れが落ちます。

そしてタイヤには周りをワックスがけすることでだいぶきれいになります。

窓もきれいにしておこう

案外忘れがちなポイントなのが窓の内側です。
水滴や指紋などですぐに汚れてしまうので
アルコールなどで拭いて仕上げましょう。

ボンネットの中もきれいに

ボンネットの中(エンジンルーム)は
なかなか手を出しずらい人も多いかもしれません。

しかし、きれいにできるスプレー缶などが市販されています。

ボンネットの中をきれいにしておくだけで
営業マンの印象はガラッと変わるのでしっかりときれいにしておきましょう。

車内の掃除機がけ

外観がきれいになったら中もきれいにしておきましょう。
たばこの吸い殻や、ごみが無いかを確認して、
掃除機をかけて仕上げればバッチリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加