査定してもらうときは純正部品に戻さないと損をする?

ホイール、マフラー、スピーカーやミラーなど、
車にはいろいろなパーツがあるので
自分好みに装飾している人も少なくないのでは?

普段乗るときはもちろんそのままでいいのですが、
買い取りなどの査定をしてもらう場合は
そのままでは損をするかもしれません。

車を高く評価してもらうためには
ノーマル部品、いわゆる純正部品に戻してから査定するのが
一番確実です。

スポンサーリンク

車を高く評価してもらうには純正部品が一番!

なぜ高いカスタム部品よりも純正品が良いのか

「高くていいものをつけているのだから、そのまま売ればいい」

そういう風に思っている人もいるでしょう。
しかし、それは間違いです!

営業マンが見積りで車に値段をつける場合に
基準となるのが、次に売れやすいかどうかです。

レアなカスタム部品を使用しているのと
次に買う人に需要があるかは別問題になります。

なので、コテコテに改造している個性的な車よりも、
オーソドックスな純正部品をつけている車のほうが
一般的な査定では車の価値が高くなります。

ダッシュボードの上などにいろいろ置いている場合も
マイナス評価になりえます。

車を査定してもらう場合に1円でも高く売りたい場合は
純正部品に戻すのを忘れないようにしましょう。

外した部品はどうすれば良いのか

純正部品に戻したら、もちろんカスタムしていた部品が出てきますよね。

じゃあ、もう外してしまったその部品には価値がないのかというと
そういうわけではありません。

もちろん再使用ができない部品は別ですが
使える部品に関しては需要がある場合もあります。

先ほど価値が下がるといったのは
あくまで車ごと買い取りなどの査定を頼む場合です。

良い部品やレアな部品にはそれ自体に価値のある場合があります。

そういった部品は別のカスタムショップなどの
パーツ専門の買い取り業者に売ってしまうか、
オークションなどで販売するのも良いでしょう。

カスタム部品をつけたまま高く売るためには

「せっかくお金をかけてカスタムしたのに、
いちいち元に戻すのはめんどくさい。」

その気持ちもよくわかります。

カスタム部品をつけたまま高く売りたいのなら
一括査定をするべきです。

一括査定とはさまざま業者に一気に査定依頼を出すことです。

一括査定をすることでカスタム部品をつけた車両でも
その部品に評価をつけてくれる業者が見つかりやすくなります。

特にカスタム系のショップなどでしたら
カスタム部品に評価が付きやすくなります。

しかし、あくまで一番の最善策は純正部品の戻すことだと
忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加