ボディーについた傷は修理してでも直したほうが良いの?

車を査定するときに買い取り価格を決める項目の1つに
ボディーについたキズの有無というものがあります。

もちろん、少しでも高く買い取ってもらうためには
キズが少ないほうがいいのは当たり前ですよね。

じゃあ、キズは修理してでも直してから査定を受けたほうが良いのか。
それともそのまま受けていいのか。

迷ってしまいますよね。

今回は査定における車体のキズに関して解説していきます。

スポンサーリンク

ボディーのキズはどのくらい査定に影響するのか

キズは少ないほうが良い

ボディー部分は主に、キズ、へこみ、塗装の剥がれ、色などを見られます。

もちろん該当されるものは少ないほうが査定額は上がりやすいです。
しかしながら、どんなに大事に車を扱っていてもキズなどは必然的についてしまいます。

また、色を見ることで交換、修理しているパーツかどうかすぐにわかります。

丁寧に車を扱うことは大事ですが、そこまで神経質になる必要もありません。

キズがついているからと言ってなんでもかんでも減額にはなりません。
特にひっかき傷の場合は爪が引っかかるくらいの深さかどうかによります。

爪が引っかからないくらいのキズであれば減額対象にはなりません。

逆にいうと、引っかかるくらいの深いキズの場合は
査定額が下がる原因になるでしょう。

修理してでも直すべきか

「キズが少ないほうが良いのなら、修理してでも直したほうがいいのでは!」

そう思われる方も多いですが、修理に出しては損をするだけです。

キズを修理することで査定額を上げることはできます。

しかし、大抵の場合は査定アップ額よりも
修理費用の方が高くなることがほとんどです。

もったいないのでやめておきましょう。

どうしても気になる人や、車に詳しい人は
オートバックスなどの車用品店に売っているコンパウンド
で軽く磨くのも良いでしょう。

小さなキズなどはこれで落とすことができます。

しかし、一部分だけを重点的に磨いてしまうと
塗装のコーティングにムラができてしまうこともあります。
十分に注意して作業してください。

キズがある場合の対応策

キズがある場合は無理に直さずにそのままにしておきましょう。

そして、査定前にはしっかりと車体を洗車し、
逆にキズがわかりやすいようにしましょう。

その方が査定士さんにとってキズの程度が見極めやすいです。

泥や汚れが付いていると黒ずんでしまっていたり、
キズの程度が見極めずらいことから、
保険をかけて余計に査定額を下げられる場合もあります。

車を高く売るコツは
1つの業者の査定額を吊り上げるのではなく、
複数の業者に査定してもらい、その中から高い金額を提示してくれた業者を選ぶことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加