車を売却する時に必要な書類はなに?

車を売却しようと決めたなら、前もって必要な書類は用意して万全の体制にしておきましょう。

車を売却する際には必要な書類は結構あります。

物によっては再発行したりなどに少し時間を有するものもあるので
必要書類の準備は早めに行いましょう。

スポンサーリンク

車を売るときの必要書類

自分で用意する必要書類

車を売却するときには購入した時以上に必要な書類がたくさんあります。

自分で用意しないといけない必要書類は以下になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自賠責保険証

自動車検査証(車検証)
車内に置いていることが義務づけられています。
万が一なくしてしまった場合は運輸支局で再発行できるので
早めに再発行しておきましょう。

自動車税納税証明書
毎年5月末までに納める自動車税の納税書のことです。
無くしてしまった場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。

実印・印鑑証明書
印鑑証明書と印鑑証明書に登録している実印を用意しましょう。
なお、印鑑証明書は3か月以内に発行されたもののみ有効です。

自賠責保険証
車検の際にもらう加入証明書のことです。
車検証とともに保管していることが多いのが自賠責保険証です。
無くした場合は保険会社に再発行してもらう必要があります。

お店が用意してくれる書類

車売却時お店側が用意してくれる書類があります。
用意してもらった書類に実印を押すことが必要になります。

  • 委任状
  • 譲渡証明書

委任状
売却する車の名義変更を買取業者に任せる場合必要になります。

譲渡証明書
車を譲渡することを認める書類です。

引っ越しなどで住所が変わった場合

引っ越しで住所が変わってしまっている人は
上記の書類に加えて住民票が必要となります。

住民票を用意することで車検証との住所を照らし合わせます。

しかし、2回以上引っ越しをされている場合、住民票では
転居前の住所が証明できないので戸籍の附票(こせきのふひょう)を用意する必要があります。

戸籍の附票は本籍地の役所で発行してもらうことができます。

軽自動車の場合

軽自動車を売却する場合の書類も基本的には同じです。
軽自動車を売却する場合は実印ではなく認印で大丈夫ですので
印鑑証明書も必要なくなくります。

軽自動車を売却する時の注意点として、
売却したとしても年度末(3月31日)までに名義変更が行われないと
翌年度分の軽自動車税がかかってきます。

通常、乗用車には月割り還付という制度があり、
車を売却した時、所持した月までの自動車税がかかり、
払いすぎた分は返ってくる制度があります。

軽自動車税は乗用車と違い、月割り還付という制度がないので
翌年度分全額を支払わないといけません。

トラブルにならないためにも年度末間近での売却は避けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加