車検が切れた車を売るときの流れ・売却するときの3つのポイント

車検が来る前に車を売ろうと思っていたのにグダグダやっているうちに車検が切れてしまった!

車検が切れてしまった車を売るにはどうしたらよいのか。
高く買い取ってもらうには車検を通したほうが良いのか。

今回は車検が切れてしまった車の売却方法と3つのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

車検が切れてしまった車を売却する流れ

車検が切れても普通に売れる!

車検が切れていても切れていない場合と売却の手順は変わりません。

  1. 買取業者を選ぶ
  2. 査定を受ける
  3. 査定額を比較する
  4. 売却契約する
  5. 車を引き渡す

この手順で売却することができます。

しかし、注意しなければいけないことがあります。

車検が切れている車両は自走ができません。
つまり、自分で持ち込んで査定をしてもらうということができません。

正確にいうと、できないことはないのですが面倒です。
ですので、基本的には出張査定を受けるということになります。

車検は切れているとマイナスポイントになるのか

車検が切れていると査定額のマイナスになるのではないかと思いがちですが、
実際には切れた直後であればそれほど影響はありません。

しかし、車検が切れてから何年も放置された車に関しては価値は下がる傾向にあります。

車検が切れていても、大事に乗っていた車や
走行距離が少ない車はちゃんとした値段で引き取ってもらえるので
売却を決めた場合は早めに売却しましょう。

また、売却の為に車検を受けるのは無駄な出費になりますので
やめましょう。

自走する場合は仮ナンバー

出張査定は基本的に無料でしてくれるところが多いです。

しかし、車検が切れている車を売却するときは
引き取り費用が掛かる場合があります。

引き取り費用が掛かるかどうかは買取業者によって変わるので
査定時点で確認しておくことが後のトラブル防止につながります。

また、業者まで持ち込んで査定してもらう場合は
市役所などで仮ナンバーを発行することで自走することもできます。

しかし、期間は3日間と短く、任意の道しか走行できないのでオススメはしません。

車検切れの車を高く買い取ってもらう3つのポイント

1.洗車はきれいにしておこう

車検が切れているのだし、ありのままでいいやと思わずにしっかりと洗車しておきましょう。

きれいに保存していることが査定士に良い印象を与えるので
汚れているよりも査定額が高くなります。

2.書類がちゃんとあるか確認しておこう

たとえ車検が切れていたとしても、自動車検査証(車検証)や
自賠責保険証、納税証明書、点検整備記録などはちゃんとあるか確認しておきましょう。

無い場合は売却できない場合もあるので注意が必要です。

3.一括査定でお得に売却しよう

車検が切れている車も査定は一括査定をオススメします。
複数の買取業者が査定をしてくれることで
一番高く買い取ってくれる業者を簡単に見つけるとこができます。

無駄なく売却するためにも一括査定を利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加