事故車や水没車は買い取ってもらえるの?どこで売ればいいの?

どれだけ大事に乗っていたとしても事故や
自然災害による水没を100%防ぐことは難しいです。

事故車や水没車になってしまった車は売ることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

事故車や水没車は買い取ってもらえるのか?

事故車や水没車でも値段はつきます。

事故車や水没車は日本では縁起が悪いとされて敬遠され、
買取も難しいと思われがちです。

「自分の車は事故したから廃車かな」

「水没してしまったから廃車かな」

このように考える人も多いですが、
廃車にするのは少し待ってください!

事故車や水没車でも利用価値はあります。

まずは事故車、水没車の定義について説明します。

事故車とは

一般的には事故車と言われますが専門的には修復歴車と言います。

ここで少し間違えがちなのは
「事故を起こしたら全てが修復歴車ではない」といことです。

事故歴、修復歴に関してはコチラに記載しているので確認してください。

簡単にいうと、修復歴車とは車両の骨格を損傷したり修正した車のことを指し、
軽度な事故の場合は修復歴車に該当しない場合があります。

水没車とは

水没車とは水害などの自然災害で自動車が水没してしまった状態のことを指します。

基本的に水没車は修復歴車以下の扱いになります。

水没したとしても、修理することで普通に使うことはできますが
修理費用が高額になることが多いため、廃車としてしまう人も多いのが現状です。

基本的な車は水深30センチ以上の道を進むと水没の危険性が増します。

エンジンに水が入り込んでしまうと車は動かなくなり、致命的なダメージとなります。

中古車販売店では売れない?

事故車はもちろん、修復歴ありの車でも
修理して動くようだと中古車販売店でも売却することは可能です。

しかし、損傷がひどい車や水没で動かなくなってしまった車は
中古車販売店での売却は難しいです。

中古車販売店は買い取った車を再度売ることで利益を出しますが、
そもそも動かない車はうまみがないからです。

事故車や水没車はどこで売却するのか

事故や水没で動かなくなった車でもほしがる人はいます。

動かなくなったクルマから使える部品だけを取り外したり、
海外に輸出して修理し販売したりします。

特に日本製の車は丈夫だと海外では人気があり重宝されます。

こういった車はどこで販売すればいいかというと
買取専門店で売却するのです。

買取専門店では先ほどお伝えした通り、
動かなくなった車などの部品を外して販売したり、
海外に販売するルートを持っているので買い取ってもらうことができます。

買取専門店に売却するためには直接専門店にコンタクトをとっても良いですが、
一番楽なのは一括査定をすることです。

一括査定をすることで色々な業者が査定をして値段をつけてくれます。
つけてくれた値段の一番高いところで売却することで無駄なく売却できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加