ローンが残っている車を買い取ってもらうにはどうしたら良い?

車は高い買い物ですのでローンで購入する場合が多いです。
しかし、転勤や家族が増えたこと、事故で動かなくなったなどの場合に
ローンが残っていても車を売却したいと思うこともあります。

では、ローンが残っている車を買取業者は買い取ってくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

ローンが残っている車は買い取ってもらえるのか?

基本的には買い取ってもらえる

ローンが残っている車でも基本的には買い取ってもらえます。

まず確認しなければならないのが車の所有者です。

車をディーラーなどでローンを組んで購入した場合、
車を保有しているのは「あなた」ですが、実際の所有者はローンを組んだ会社になっています。

車の所有者が「あなた」の場合は簡単に売却できますが、
車の所有者が「あなた」ではない場合はいろいろと手続きを踏む必要があります。

ローンが残っている車を買い取ってもらう方法

一番良いのはローンを全部返してから車を売却することですが、
数十万単位のローンがある場合、そういう訳にもいきませんよね。

そんな場合は買取業者を利用することで
ローンが残っている車でも売却することができます。

自分で友人に売ったり、オークションで販売するには
所有者を変更する手続きが必要になりますが、
買取業者を利用することで様々な手続きを代行してくれるので
大幅に手間が省け、楽に売却することができます。

買取金額がローンを超える場合

買取業者に査定をしてもらい、
買取金額がローンの残りの金額を超える場合は、

ローンは買取業者が代わりに返済。
超えた分をあなたに支払う。

といった形になります。

この場合は手元にお金が入るので
そのお金を頭金にして車を買い替えたりすることもできます。

買取金額がローンを下回る場合

車が古くなった場合や、事故などで破損してしまっている場合は
買取業者の買取金額が残っているローンの金額よりを下回る場合も多いです。

その場合は、

買取金額分のローンを買取業者が代わりに返済。
不足分の金額を一括で支払うか、買取業者でローンを組む。

といったことになります。

一括で支払えない場合は買取業者でローンを組んで返済することもできますが
この場合は注意しなければならないことがあります。

それは金利です。

もし、車を新車で購入しており、新車ローンを組んでいる場合、
比較的低金利でローンを組んでいます。

しかし、買取業者に売却し、ローンを組みなおす場合、
金利が高くなることがほとんどです。

結果的にそのまま車を売却することで少し損をしてしまう場合があります。

そんな時は銀行のローンなど、金利が低いローンで返済したほうがお得なので
よく考えてから売却するようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加