新車・中古車の購入時に必要な書類は?自分で動いて費用を抑えよう

車を一度でも購入した人はわかると思いますが、
新車・中古車ともに買おうと思ったら必要な書類などがいっぱいあります。

いったい何を用意したら良いかわからないといった人の為に
車を購入時の必要書類を紹介します。

スポンサーリンク

自分で用意する必要書類

実印・印鑑証明書

発行3か月以内のものが必要で印鑑登録された印鑑も必要になります。
期限が切れている場合には無効になるので注意。
市役所などで発行できるので忘れないようにしましょう。

販売店が用意してくれる必要書類

委任状

販売店にクルマの登録に関する手続きを代行してもらう場合に必要。
書類自体は販売店が用意してくれるので署名・実印の押印で完了です。

自動車検査証(車検証)

車の戸籍謄本のようなもの。納車されたら所有名義を確認するのを忘れずに。
色々と使用することがあるのでコピーを取って手元に置いておこう。

自賠責保険証明書

車検や名義変更の時に必要になります。
主に車検証の中に入っていることが多いのでしっかりと入っているか確認しましょう。

譲渡証明書

車を譲渡したことを証明する書類。
車の売却時に必要な書類になります。

車庫証明

警察から交付される車の保管場所に関する証明書。
販売店に代行して取りに行ってもらうこともできますが、
車の保管場所を管轄する警察署に自分で申請することもできます。

車庫証明を自分で用意することで代行にかかる費用を抑えることができます。
車検証や住民票に書いてある内容を
警察署においている車庫証明申請書に書いて申請するだけで出来ます。

 

以上が基本的に車を購入する際に必要になる書類です。
すべてを車の販売店に代行する場合は必要なものは、
実印と印鑑証明書だけで済みます。

その他、必要な書類は販売店に用意されているので
実印と印鑑証明書を忘れずに持っていきましょう。

他にも、販売店によっては、転居した場合や中古車を購入する場合に
住民票などが必要になる場合もありますので
不安なときは販売店に直接確認しておくのが間違いがありません。

自動車の車庫証明書に関しては販売店に代行を依頼しないでも
自分で簡単に申請ができます。
車庫証明書を自分で申請して用意するだけでも
「5,000円~10,000円」は費用を抑えることができます。

車庫証明書申請に必要な情報

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図・配置図

などが必要です。

記入方法などは販売店の方や警察署の方がわかりやすく教えてくれますので
心配せずに自分でとりに行って節約しましょう。

申請書を提出したら約1週間くらいで出来上がるので
それをもう一度取りに行けば完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加