査定士によって買取価格は変わってくるの?

いざ車を査定してもらおうと思った時に心配なことが、
「査定士ってどんな人なんだろう。」
「変な査定士に当たらなければ良いな。」と思うことでしょう。

そもそも、査定士によって車の査定価格は変わるものなのでしょうか。
どのようにしたら一番いい値段で買い取ってくれるでしょうか。

スポンサーリンク

査定士によって車の買取価格は変わる

査定士って何を見ているの?

査定士は正式には自動車査定士と言います。
ディーラーや中古車の買取業者さんにいる査定士は中古自動車査定技師検定という国家資格を持っています。

査定士は自身の業者の買取基準に応じてチェック項目が決まっており
自動車を査定する場合はそのチェック項目と照らし合わせながら金額を決定します。

ですので業者ごとに査定士の見る項目に多少違いが生まれてくるので
車の査定額にも影響してきます。

そして、査定士も人間ですので人によって基準にしているところが違うので
たとえば同じキズを見ても、

「このくらいなら許容範囲」

「これはマイナス対象」

といったように査定にも少し影響はあります。

同じ系列の買取業者の場合はあまり変わらない。

査定士によって変わってくるといっても
同じ買取業者で店舗だけが違うといった場合には
金額はほとんど変わらないといっていいです。

同じ系列の場合はチェックする項目も同じですし、
基準となる買取価格も統一されています。

同じ系列の店舗でいろいろ査定してもらう必要はないです。

損をしないように査定してもらうには

査定士は基本査定金額を決めている

査定してくれる査定士は基本査定金額という金額を
あらかじめ決めてから査定を行います。

買い取った価格に会社の利益を上乗せして販売するので、
そのラインは超えないように交渉してきます。

それは会社ごとに決まっている金額なので
それを覆そうと思っても無理です。

査定士とは勝負をしない

査定士とは価格の勝負をしないようにしましょう。

営業力では勝ち目がありません。向こうは数々の場数をこなしてきていますので
素人が勝負できる相手ではありません。

査定士は価格を上げることはなかなか厳しいですが、
簡単に価格を下げることはできます。

損をしない査定をするには

査定士によって見るポイントが違い、
業者によって金額も決まっているのなら、
どうすれば一番損をしないように査定出来るのでしょうか。

答えは簡単で複数の業者に査定を頼めばよいのです。

買取業者ごとにチェックする項目は決められているので
買取価格を大きく引き上げることは無理です。

複数社に一括見積をして、そこで一番の高値をつけたところで売るのが最良の手段です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加