車売却契約終了後のキャンセルはできるのか?

車を査定してもらい、売却契約を結んだあとで、
「やっぱり売りたくない!」もしくは「他の所に売りたい!」といったこともあるかもしれません。

「この金額は今契約してくれた場合のみです!」などどいわれて
契約してしまう人も少なくありません。

売却契約を結んだあとはキャンセルができるのか気になるところ。
今回はキャンセルができるかどうかをお答えします。

スポンサーリンク

車の売却をキャンセルする時の契約内容

車を売却する場合に買取業者との契約しますが
その契約内容に売却をキャンセルするときの契約内容も含まれています。

これをキャンセルポリシーと呼びます。

買取業者によって変わってきますが内容的には下記の内容になります。

  • 約定解除
  • 合意解除

約定解除とはあらかじめ条件を決めておく

約定解除(やくじょうかいじょ)とは車両を買い取ってもらう時に
あらかじめ解約するための条件を決めておく契約のことです。

良くあるのが「解約する場合キャンセル料を払うことでキャンセルできます」の
ような場合です。

このような契約をあらかじめ結んでおくことでキャンセルすることができます。

合意解除とはお互いの合意が必要

合意契約(ごういけいやく)とは
売却する側と買い取る側の両者が合意すれば
キャンセルすることができる契約です。

しかし、基本的には買取側にキャンセルを合意する義務がないため、
通常はキャンセルできないかキャンセル料が発生するようになります。

結局、車の買取はキャンセルできるのか

車の買取がキャンセルできるかどうかは
買取業者との契約内容によります。

買取業者にとって、合意が得られてからのキャンセルは
不利益にしかなりません。

したがって買取業者としては認めないことが多いです。

買取をキャンセルできる場合

買取がキャンセルできる場合というのは
契約を結んだ当日や翌日くらいまでと考えているほうが良いでしょう。

車買取業者としては買い取った後、
再販売するためにメンテナンスや清掃をする場合がありますし、
即座にオークションに流す場合もあります。

その場合はかかった費用などはこちら側が支払うことになります。

車を売却する場合はキャンセルポリシーを要確認!

車を売却する場合はキャンセルポリシーをしっかりと確認しておきましょう。

売却を同意するときに契約書にサインをします。
買取業者によっては契約書の控えをくれない場合もあります。

万が一キャンセルをしたくなった場合、契約書の控えがないと
契約内容を確認することができません。

契約書の控えはしっかりともらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加