新車で購入から5年以上経過した車は本当に値がつかないの?

車の市場では「新車を買って5年以上たった車は売れない」と聞くことがあります。

なぜこのような話が出てくるのでしょうか。

5年以上経った車は売却できないのでしょうか。

なぜ5年以上経った車には値が付かないといわれているのか説明します。

スポンサーリンク

車を購入してから5年経ったら値段が付かないのか

5年経つと値段が付かないと言われる理由

なぜ新車から5年経つと値が付かないといわれるのでしょうか。

それは走行距離が伸びていることや、
色々とメンテナンスが必要になってくることも挙げられますが
一番は5年を経過するとフルモデルチェンジが行われるサイクルに突入するからです。

フルモデルチェンジとは家電でいうと新型が発表されるということです。
家電の場合も新型が発表された後は旧型は型落ちとして値段が下がりますよね。

車の場合も全く同じです。
モデルチェンジした後の車に対して販売価格が下がります。
なので買取価格も下がるということになります。

しかし、値が付かないなどどいったことはありません。

特に日本車に関しては作りが繊細で頑丈であることから
国内だけでなく、海外にも大きな市場を持っています。

日本で乗れなくなった車でも、海外では喜んで取引されるために
十分な値段で買い取ってくれることも少なくありません。
「もう、売れない!」とあきらめずにまずは査定してもらうことをオススメします。

車種によったら5年以上経ってても高く売れる

車は確かに年月を重ね、走行距離が伸びると買取価格はどんどん下がってきます。

しかし、5年以上たっても値崩れしにくい車種もあります。

特に販売が終了しているスポーツカーなどは中古車市場でも高値で取引されることが多いです。
すでに絶版になり、中古車でしか買えない車はなかなか値崩れもしません。

最近ではハイブリッドなどのエコカーもそういった傾向にあります。
エコカーは年々進化し、改善され続けていますがプリウスなどの人気車種は
5年が経過しても比較的高値で売買されています。

その他には、ワンボックスカーなどのファミリーカーや、
ワゴン車なども根強い需要があります。

こういった車もあきらめずにまずは査定に出してみましょう。

5年以上たった車を高く売るためには

5年以上経った車を少しでも高く売るためには複数の業者に査定してもらうのが一番です。
5年以上経った車の価値は買取業者によってバラバラであることが多いです。

ですのでいくつかの業者に一斉に査定してもらい、
その中から高値を付けてくれた業者を選ぶことで高く買い取ってもらえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加