車が故障したときのリスクに対応できますか?

自動車は万能ではありません。

自動車に乗る以上故障するリスクがあります。

釘を踏んでしまったらパンクしたり、エンジンをかけようとしたら
バッテリーが急にあがったりなど。

普段のメンテナンスで予防できる故障もありますが
予期せずに故障が起こることもあります。

そんな時に対応できる準備はしていますか?
今回は予期しない故障に対応するための準備を紹介します。

スポンサーリンク

パンクに対する準備

よく発生する現象としてパンクが挙げられます。

パンクは車の故障として自分で応急処置できる数少ない故障の1つです。

パンクしたときに応急処置できるとできないとでは
いざというときの焦り具合が大きく変わってきます。

ジャッキとタイヤレンチを確認

タイヤが取り付けられているナットを緩めるタイヤレンチ
パンクしたタイヤを浮かすためのジャッキ
車両に積んでいますか?

車の知識があまりない人にとって
無縁の物と思われがちなジャッキやタイヤレンチですが
パンクしたときには必需品となります。

事前に置いてある場所や使い方を確認しておくことが重要になってきます。

スペアタイヤの確認

タイヤレンチやジャッキと同様にスペアタイヤも車に積んでいますか?

セダンなどはトランクの下に積んであったり、
ミニバンなどではフロアの下に積んであったりなど
スペアタイヤは車によって格納されている場所が違います。

ちゃんと自分の車のどこにスペアタイヤが積んであるか確認しておきましょう。

そして、見逃しがちなのが
スペアタイヤはちゃんと空気が入っていますか?

スペアタイヤは通常のタイヤと比べて大きさが小さいものが多いです。

よって、通常のタイヤと比べて空気圧が高く設定されているものがほとんど!
その差は2倍程度にもなる車両があります。

スペアタイヤに交換しても空気が入っていない状態だと
意味のないどころか余計に危ない状態になるので
きちんとスペアタイヤの空気圧も点検しておきましょう。

予期しない故障に対する準備

ロードサービスに関しての知識

パンクの場合などは自分でも応急処置で対応できますが、
エンジントラブルなどが起こるとさすがに自分では対処しきれません。

そんな時はロードサービスのお世話になるしかありません。

ロードサービスというと、真っ先にJAFを思い浮かべますが、
加入している自動車保険によってはJAFよりもオススメのものもあります。

レッカー車の牽引にかかる費用や、遠方の土地で車が故障した場合の
宿泊費や交通費までサポートしてくれたりなど、
保険によって適応されるものは違うので、
あらかじめ自分の入っている保険はどこまでサポートしてくれるのかを知っておく必要があります。

また、保険会社を選ぶ際も金額だけに目をやりがちですが、
サポート内容によって保険会社を選ぶことも必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加