車のタイヤがパンクしたときの費用や原因について

車がパンクしてしてしまったら焦ってしまいますよね。

車を運転中なら、そのまま乗っていても良いのか、すぐに止めたほうがいいのか。
JAFなどのロードサービスを呼ぶのか、ガソリンスタンドにもっていくのか。

車のタイヤは簡単にはパンクしないように作られていますが、
やはり釘を踏んでしまったり、とがっているものには弱いです。

タイヤがパンクしてしまったらどうしたらよいのか。
今回はパンクの修理にはいくらかかるのか。
パンクの原因や対処法を紹介します。

スポンサーリンク

タイヤのパンク修理にはいくらかかるのか

車のパンクの程度には2種類あります。

  • パンクを修理で直せる場合
  • タイヤを交換しないといけない場合

上記の2点です。

内容によって費用が変わってくるので
状況別に分けて解説していきます。

パンクを修理で直せる場合

タイヤに釘がささってしまった場合なと、小さな穴が開いた程度ならば
修理をするだけで十分です。

しかし、自転車と違って自分で修理するのはなかなか難しいです。

修理する場合は、近くのガソリンスタンドや
オートバックス、ディーラーなどの店舗に行き修理をしてもらうことになります。

修理方法としては特殊な素材を
パンクした部分に差し込み固めることで穴をふさぎます。

修理費用に関しては各店舗によって変わりますが
大体の相場が、

  • オートバックスやタイヤ屋さんの場合:1000円~3000円
  • ディーラーやガソリンスタンドの場合:3000円~5000円

になります。

オートバックスやタイヤ屋さんの方が修理などの軽作業には慣れているので
費用的には抑えることができます。

タイヤ交換になる場合

何回かパンクしていたり、タイヤの側面に穴が開いてしまった場合などは
タイヤを交換しないといけなくなります。

タイヤを交換する場合は、

  • 比較的新しいタイヤの場合:1本交換
  • タイヤが摩耗している場合:4本交換

するべきです。

摩耗しているのに1本しか交換しないと
1本だけが新しくなり走行のバランスが崩れたり、
ブレーキの効きが悪くなります。

交換価格の費用としてはタイヤの種類により変わりますが

  • 1本交換の場合:タイヤの金額+(2000円~5000円)
  • 4本交換の場合:(タイヤの金額×4)+(6000円~20000円)

ぐらいになります。

4本セットで購入したほうがタイヤの金額がセット割引で購入できるので
タイヤが摩耗している場合は一気に交換してしまうほうがお得でしょう。

タイヤがパンクしてしまう原因とは

釘などとがったものには弱い

車のタイヤは比較的パンクには強くできています。
タイヤの接地面に分厚いゴムが使用されているので
小さいものではパンクしません。

しかし、ゴムは走ることで摩耗して(すり減って)いきます。

このゴムの部分を超える長さの釘などとがったものが刺さることにより
パンクしてしまいます。

空気圧不足も危険を招く

車のタイヤにはとても大きな重量がかかっています。
その為、規定値よりも空気圧が下がってしまうと
タイヤに余計な負荷がかかってしまいます。

空気圧が低下したまま走行することにより、
タイヤの側面に負荷がかかりパンクする場合があります。

最悪の場合、タイヤの側面が破裂(バースト)して
事故が起こる可能性もあるので
タイヤの空気圧は定期的にチェックするようにしましょう。

空気圧はガソリンスタンドなどで簡単にチェックできます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加