車にとってエンジンオイルは血液!車の寿命を延ばす3つのポイント

エンジンオイルのメンテナンスはきちんとしていますか?

エンジンオイルは車にとって血液と言っても過言ではないくらいに重要なものです。
エンジンオイルのメンテナンスをしっかりとして最適な状態にするだけで
車の寿命を延ばすことができます。

逆にメンテナンスを怠ると車の寿命を縮めてしまう原因になりかねません。

今回はエンジンオイルに関する車の寿命を延ばす3つのポイントについて紹介します。

スポンサーリンク

車の寿命を延ばす3つのポイント エンジンオイル編

エンジンオイルの役割

よくディーラーから

「そろそろエンジンオイル交換の時期です」

みたいな連絡が来て、

「もうそんな時期?そんなに頻繁に交換しなくてもよくない?」

そう思っていませんか?

それは間違いです。

エンジンオイルの役割はエンジン内の潤滑油として働きます。

エンジン内の金属は一秒間に何千回転という速度で動いています。
その隙間は1mm以下と、とてもせまくなっています。

エンジンオイルはその金属同士が擦れて傷つくのを防いでくれたり、
温度が上がりずぎないように冷却したりする役割があります。

つまり、エンジンオイルはエンジンにとって必要不可欠なものなのです。
人間でいうと血液と同じですね。

ポイント1.エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルは劣化していきます。

エンジン内の燃えカスや酸化物などのゴミが溜まっていきます。

その為に、一定距離や一定期間で交換することが必要です。

エンジンオイルの交換時期の目安は

  • 5000km毎
  • 6ヶ月毎

このどちらかで交換するのが最適といわれています。

もちろんこの頻度で交換しないと
すぐにエンジンが壊れるというわけではありません。

これはあくまで目安です。

しかし、エンジンオイルのメンテナンスを怠れば
エンジンに対する負荷が大きくなっていくことは覚えておきましょう。

ポイント2.エンジンオイルの粘度を確認

エンジンオイルには種類があります。

自分のエンジンにあったエンジンオイルを使用しないと
エンジンオイルとしての性能を十分に発揮できません。

ディーラーなどで交換する場合は最適なものを使用してくれます。

しかし、オートバックスなどで自分でオイルを購入して入れるということもできます。

その場合、最適な粘度のエンジンオイルを使用することで
エンジンの寿命を延ばすことができます。

ポイント3.オイルの交換2回に1度はフィルターも交換しよう

エンジンオイルと同時に交換するパーツとして
オイルフィルターというものがあります。

オイルフィルターはエンジン内を回ってきて
汚れたエンジンオイルをろ過してきれいにしてくれる役割があります。

オイルフィルターも汚れは溜まっていく一方ですので
時期を見て交換することが必要です。

劣化したオイルフィルターを使用していると
エンジンオイルをろ過できなくなり、
結果エンジンオイルの劣化が早くなります。

オイルフィルターの交換時期の目安としては
エンジンオイル交換の2回に1回が目安とされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加