エアコンが壊れた!冷房が効かない原因と対策法は?

車のエアコンの故障というのは意外に多いです。

特に走行にはあまり影響しないので気づきにくいですが
夏になって「冷房が効かない!」といったことが多々あります。

夏場にエアコンが故障すると暑すぎてどうにもなりませんよね。

今回はエアコンの故障について紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの故障

ブロアファンモーターの故障

まず、車にはブロアファンモーターと呼ばれる送風機が付いています。
このブロアファンが回転することにより吹き出し口から風が吹いてきます。

ブロアファンが故障すると

  • エアコンの吹き出し口から風が出てこない
  • エアコンのスイッチを入れると変な音がする

このような症状が現れた場合は一度点検してもらいましょう。

ブロアファンの故障の原因の多くはブロアファン自体の故障よりも
ブロアファンにつながる配線の接触不良やコネクタの接触不良などが多いです。

ですので、一概にブロアファン自体を交換したら直るとは言い切れません。

故障原因を見極めずに直そうとすると余計な出費がかかるので
しっかりと故障した原因を突き止めましょう。

クーラーが効かない

車のエアコンの故障の一番多い現象がクーラーが効かないということです。

クーラーが効かない原因として一番多いのが冷媒(れいばい)が漏れているということです。

冷媒(れいばい)とはクーラーの風を冷やすためのもので、
これがどこかの配管から漏れていたり、不足していたりすると
クーラーの風は冷えません。

クーラーが冷えない原因

  • 冷媒が不足、漏れている
  • コンプレッサーが動いていない
  • エアコンのセンサーが壊れている

などが疑われます。

 

コンプレッサーは冷媒が不足していると動きません。
逆にいうと、冷媒が十分にある状態でコンプレッサーが動いていないとなるとコンプレッサーの故障ということになります。

クーラーが効かない場合の修理費用は
予想よりも高くなることが多いです!

冷媒の補充だけだと5000円~。

コンプレッサーの故障、交換などだと50000円~。

ひどい場合だと100000円以上かかってくる場合もあります。

クーラーが効かないとなった場合は故障個所の判断が難しいので
可能であれば何社かに原因を調査してもらったほうが良いでしょう。

クーラーが効かない場合は修理せずに売って新しい車に乗り換えも考えましょう。

クーラーの風が臭い

夏になるとクーラーの風が臭いといった声も多く聞こえます。

クーラーの風が臭い原因は「カビ(細菌)」です。
家のエアコンと同じように車のエアコンもカビが発生しやすいです。

クーラーをガンガンにかけて駐車すると、
エバポレーターという空気を冷やす場所に水滴が溜まり
結果カビが増殖します。

対処法として一番効果的なのは
エアコンフィルターをメンテナンスすることです。

車にもエアコンフィルターが付いており、
エアコンフィルターを清潔に保つことでカビ臭は抑えることができます。

エアコンフィルターは掃除することもできますが、
面倒な方は交換してしまったほうが早いです。

エアコンフィルターの交換時期として
メーカーは1年、10000キロを推奨としていますが
そこまでの交換は個人的には必要ないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加