禁煙車はプラス評価に!喫煙者でも車の中では我慢しよう

車の価値を決める項目の中に禁煙車かどうかという項目があります。

当然禁煙車の方が喫煙車に比べて高く売れます。

最近では健康ブームで禁煙が取り上げられていますが、
それは車業界でも同じことが言えます。

スポンサーリンク

禁煙車というだけで価値は高くなる

喫煙車の評価が低い理由

タバコを吸う人はあまり気にしないかもしれませんが、吸わない人にとってはタバコの匂いは不快感しかありません。

特に、車の中のように狭い空間などでは特に嫌がられます。

タバコの匂いは一度ついてしまうとなかなか落とすのが大変です。

それに、タバコは影響するのが匂いだけではありません。
車の内装の黄ばみなども発生してきます。

車の内装は革やプラスチックなどが使用されているので
一度黄ばんでしまうと落とすことは難しいです。

それに、タバコの火や灰によっても簡単に穴が開いたりします。
そうなってしまうと査定時にある程度金額を下げられる覚悟をしないといけません。

喫煙車が下げられる金額の目安としては5万~10万円くらいが相場であるといわれています。
ファミリーカーや高級車の場合下げられる金額が大きい傾向にあります。

喫煙車は簡単にばれる

タバコのにおいや黄ばみは頑固でなかなか落ちません。

査定の前に消臭剤などで頑張って匂いを消そうとしても無理です。

特に、車で日常的に吸っている場合はエアコンの内部などにも匂いはしみついており、
エアコンをつけるとタバコの匂いが出てくる場合もあります。

喫煙をしている場合は、査定してもらう時に聞かれたら素直に喫煙していると伝えましょう。
聞かれない場合は自分から言わなくても良いです。

禁煙車の場合には、査定してもらう時には禁煙車であることを伝えましょう。

禁煙車の定義とは

自分はタバコ吸わないけれど、たまに一緒に乗る人がタバコを吸う。

こういった場合、禁煙車になるのかどうか少し悩みますよね。
禁煙車には明確な定義があるわけではありません。

あくまで匂いのしない車を禁煙車と言っているところも多くあります。

ですので、自分は吸わないのに同乗者がよく吸って匂いが付いてしまったら
禁煙車とは言えなくなるので注意が必要です。

車の中でタバコを吸うのはやめよう

何度も伝えているように、タバコの匂いは一度ついてしまうと簡単には落とせません。

専門業者に依頼をして、有料の室内クリーニングをしても完璧に消すことは難しいくらいです。

もし、あなたが普段からタバコを吸うとしても、将来車を高く売却したいのであれば、車内でタバコを吸うのをやめるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加