走行距離は少ないほうが高値で売却できる理由とは

車の評価の基準の一つに走行距離があります。

車を買う時にも売る時にも気になるのが走行距離です。

走行距離が短い車は売却するときにも高値が付きやすいのはなぜでしょうか。

スポンサーリンク

走行距離は車の評価に大きく影響する

なぜ走行距離が車の評価に影響するのか

走行距離は車がどのくらい使用されていたかを知る目安となります。

走行距離が

  • 5年で100000キロ
  • 5年で30000キロ

この2台の車を比べてみると、明らかに差があるのがわかると思います。

2台の車が全く同じ車種で同じ年式、同じグレード、使い方だったとしても
数十万単位での差額がつきます。

走行距離は車のパーツの消耗に大きな影響を与えます。

走行距離が伸びれば伸びるほど車のパーツは消耗しているので、
交換する必要が出てきたり、故障する可能性が高くなってくるのです。

車の走行距離によってパーツの交換時期というものが決まっています。

  • オイル交換:5000キロ~10000キロ毎
  • ブレーキオイル:20000~25000キロ毎
  • タイミングベルト:100000キロ毎

などといった具合にです。

走行距離が伸びることはそれだけメンテナンスが必要になってくるということにもつながります。

走行距離が長くてもしっかりとメンテナンスをしていれば日本の車はしっかりと走りますが、
壊れてしまう可能性も確実に上がるので車の価値としては下がってしまいます。

走行距離の目安

一般的に走行距離の目安としては

1年で10000キロ

が目安だといわれています。

これよりも少ないとプラス評価となり、
これよりも多すぎるようだとマイナス評価になることが多いです。

じゃあ、少なければ少ないほど良いのか!?と言われれば、そうではありません。

例えば新車で購入後10年で30000キロという車があったとします。

土日のちょっとしか買い物にしか使わない場合などには
こういったこともよくあることです。

この車の場合は、多少プラスの評価になるかもしれませんが、
そこまでのプラスにはならないでしょう。

車はある程度使用しないと、パーツ自体も傷んできたりエンジンの調子も悪くなったりなどの不具合が出る可能性があります。それに、走行距離のメーターの改ざんなどの疑いも考えられてしまいます。

走行距離はあくまで目安であり、年式などと総合して評価されるものであることを知りましょう。

現状の車の価値を知るためには

走行距離が車の評価につながることはわかった。では、現在の車の評価はどれくらいなのだろうと気になったのではないでしょうか。

現在の車の評価は一括査定で無料で簡単に調べることができます。

気になったのなら、今の愛車の価値を調べてみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加