エコカーは高く売れる車の代表的存在

低燃費で環境に優しいことで知られているエコカーですが、優しいのは環境だけでなくお財布にも優しいのです。

エコカーは中古車になっても他の車と比べて高く買い取ってもらうことができます。

なぜエコカーはこんなにも人気なのでしょうか。

スポンサーリンク

エコカーは中古車としても人気が高い

やっぱり燃費が良いほうが良い

車の維持費として大きく占めるのがガソリン代ではないでしょうか。

特に大きな車や燃費の悪い車に乗っていると、ガソリン代はとても大きい出費となります。

それと比べて、プリウスなどを代表とするハイブリッドや、電気自動車などのエコカーは燃費がすごく良いです。
エコカーは環境に良いだけでなく、お財布にも優しいのが人気の理由なのです。

エコカーの技術も進歩している

エコカーに対する技術は日々進歩しています。

昔はハイブリッドといえば、値段は高いのにそこまで燃費が良くない時代もありました。
しかし、プリウスでハイブリッドカーの認知度は急激に増加し、
それに比例するように技術も進歩し年々燃費は良くなっていっています。

元々燃費の良かった軽自動車もさらに燃費が良くなっていくにつれて人気が高くなっています。

減税の効果が大きい

エコカーが人気を集めている理由として、やはりエコカー減税が大きいでしょう。

エコカー減税は新車で購入したときだけでなく、中古車で購入したときにも適応されるので
エコカーは中古車市場でも人気があります。

エコカーはなんでも高く売れるのか

エコカーには色々な種類があります。

  • ハイブリッドカー(HV)
  • プラグインハイブリッド(PHV)
  • 電気自動車(EV)
  • 燃料電池自動車(FCV)
  • 一部のガソリン車、軽自動車

などが挙げられます。

じゃあ、これらのエコカーはすべて高く売れるのでしょうか。

 

答えはノーです。

理由を説明していきます。

まず、ハイブリッドカーや一部のガソリン車、軽自動車に関しては高く売れます。
しかし、その他の電気自動車やPHV、FCVなどは高く売却することは難しいでしょう。

上記でも解説した通り、ハイブリッドカーなどのエコカーは燃費が良い車で減税も受けられることで人気です。

電気自動車などにもそれは当てはまるのですが、
電気自動車や燃料電池自動車などはインフラ整備がまだまだ足りていません。

インフラ整備とは電気自動車などは充電できる施設のことです。
家庭に充電できる場所を作るだけも、数十万単位の費用が掛かるので、
中古車としての人気はそこまで高くありません。

PHVなどに関しても、まだまだ元の金額が高いので
中古車としても望んで購入する人は少ない傾向にあります。

また、ハイブリッドなどのエコカーに関しても、
減税の制度が終わってしまうと人気は下降していく可能性が高いです。

もし今エコカーをお持ちで将来的に売却を考えているのなら
早め早めの行動をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加