三菱のアウトランダーPHEVはSUVとして最適のEV車

エコなSUVとしてとても人気があるのがアウトランダーPHEV。

エンジンを発電機として位置付けることで、SUVなのに電気自動車のような静寂性を実現しました。

アウトランダーにはガソリン車もありますが、購入するのであれば断然PHEVのほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの魅力

普段はモーターのみで走行

アウトランダーPHEVは普段の走行はほとんどモーターのみで走行するのでEV(電気自動車)のように静かです。
エンジンを発電機という位置づけにして、普段の走行のほとんどをモーターにすることで乗り心地の向上とエコな走りをします。

プリウスなどのハイブリッド車も、ある程度まではモーターで走行しますが、速度が速くなってくるとすぐにエンジンがかかるのがわかります。

4WDでパワフルな走り

モーターで走行するといわれると、トルクが弱く、走りに影響が出そうなイメージがありますが、アウトランダーPHEVの場合は違います。

ツインモーターを使用しており、前後の独立したモーターでパワフルな4WDを体感できるのが特徴的です。

またバッテリーを床下に搭載していることで重心が低くなるように設計されているので、曲がり角でも安定して走行できるのがわかります。

コンセントもあり、快適なアウトドアに

アウトランダーPHEVには家庭用コンセントが2個ついています。

これが便利でアウトドアやキャンプの時に電気があればホットプレートで調理ができたり、
暗闇でも明かりを付けれたりなど、快適なキャンプも楽しめます。

アウトランダーPHEVの燃費

アウトランダーPHEVは電気とガソリンを両方使用するので一概に燃費がいくらという風には書くことができません。

しかし、SUVとしてとっても経済的なことは間違いありません。

普段の走行の場合は電気でモーターを動かすのでほとんどガソリンを消費しません。
充電が必要になればエンジンが回転をはじめ充電していくので、エンジンがかかる前にバッテリーを充電してしまえばEVとして走行をすることが可能です。

最近では国内のいたるところに充電施設ができてきているので充電施設に困ることも少なくなってきています。

アウトランダーを買うならアウトランダーPHEV

アウトランダーPHEVにはS-AWCが標準装備であったり、経済産業省からの補助金もあります。
そして、エコカー減税もアウトランダーは50%減税なのに対し、アウトランダーPHEVは100%減税なのです。

元々の価格差はありますが、うまく補助金制度を利用して快適なアウトランダーPHEVを購入することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加