ホンダのN-boxはダウンサイジングに最適の軽自動車

ホンダが販売している車の中でも、大人気なのがN-boxです。

N-boxは軽自動車として最大級の室内空間があるのでコンパクトカーからのダウンサイジングにも最適。

軽自動車の維持費が安い今だからこそ、N-boxは人気があるのです。

スポンサーリンク

ホンダのN-boxの特徴

N-boxの魅力は室内空間

N-boxの一番の魅力は軽自動車と思えないくらいの室内空間でしょう。
前席と後席のシートの間にも余裕があり、大人でも後席に余裕をもって座れる程度の広さがあります。

N-boxの室内高は140cmあるので、座って頭が天井に当たるといったことも少ないですし、
小さい子供であれば立つこともできる高さなので、子供の送り向かいなどにも重宝するでしょう。

コンパクトカーと比べても、遜色ない広さなのでコンパクトカーからのダウンサイジングの候補としてもよく挙げられる車です。

以前のタイプのN-boxは後席を前後にスライドできないことが欠点とされていました。
しかし、モデルチェンジした今のタイプは改善されているので安心です。

前モデルの中古車を購入しようとしている人は注意しておいた方が良いです。

N-boxのスライドドア

N-boxのスライドドアは結構大きく、乗り降りするのにはとっても便利です。

しかし、大きいからこそ重量も重くなっているのが残念な点です。
車両重量が重くなるということは燃費の悪化にもつながるので、
利便性が燃費のどちらをとるかは実際に試乗して体感してみるのが大事です。

N-boxの燃費は良くない

N-boxの燃費は他社の最新型の軽自動車と比べても決して良くはないです。

室内空間を広くとっているので仕方ないでしょう。
燃費を求めるのであれば、他社の軽自動車のほうが良いです。

N-boxは乗り心地も比較的良い方です。
軽自動車に室内空間の広さと乗り心地を求めるのであればN-boxで決まりでしょう。

走りを求めるならN-boxのターボ

N-box にはNAとターボと選ぶことができます。

NAであれば燃費も多少は良くなるのですが、長時間のドライブなどには向きません。
高速道路で合流するときの加速などはちょっとしんどいです。
セカンドカーとして持つ方や、ちょっとした買い物などの街乗りに使用するのであればオススメです。

ファーストカーとして購入を考えている方や、ドライブにも使いたい方。
大人が3人以上乗る場合は断然ターボのほうが良いです。

ターボであれば重量が重くなってもしっかりと加速してくれますし、長時間の運転でもストレスを感じることなく乗れるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加