日産JUKE(ジューク)はひそかに人気のあるコンパクトSUV

個性的なデザインで目を引く、日産のジューク。

ジュークの売りは見た目の独特なデザインと走行性能が高いということでしょう。

万人受けはしないもののニッチな層に受けて確実に乗り手を増やしています。

スポンサーリンク

個性を求める人にはジュークが人気がある

ジュークの魅力とは

ジュークの魅力といえば、やはり目を惹く個性的なデザインでしょう。
SUVとスポーツカーを結合させたような外観はジューク独特のものです。

ジュークの独特のデザインは外観だけでなく、内装にも表れています。

ジュークのセンターコンソールは他の車種と比べても少し大きく滑らかな形になっています。
これはバイクの燃料タンクの形を表現することでスポーティーな感じを出しています。

コンパクトSUVということで走行性能も高い

ジュークは2種類のエンジンを選択できます。
1.6Lターボと1.5Lのどちらかです。

仕事上、どちらにも乗ったことはあるのですがやはり1.6Lターボエンジンのジュークの方が断然オススメです。
当然なんですが、ターボが付いていることによって加速性能が段違いです。

ジュークに興味があるということは、コンパクト車が良いけど、SUVが好きという事でしょう。

ジュークはコンパクトであるといってもそれなりの重量があり、ターボのついていないノーマルエンジンだと走りに少し満足出来ません。

コンパクトSUVとして価格もコンパクトに

ジュークはコンパクトSUVとして価格も比較的コンパクトに抑えられています。
ジュークの価格は173万~。
ベーシックなコンパクトカーに少しプラスしたら個性的なジュークが手に入る。

そう考えると十分に手が出る価格でしょう。

本格的なSUVはちょっと手が出せないけど、これなら買えるという人も多いはず。

ターボをつけると価格があがってしまいますが、十分に満足できる走行性能を発揮してくれることでしょう。

ジュークの欠点

ジュークは狭い

実際にジュークに乗っているときに感じたことが、狭い。
これが一番大きいです。

もちろん、コンパクトカーなので仕方がないのですがそれにしても狭いです。
家族向けの車ではないことがよくわかります。

後部座席を倒すことで荷物が積めるようにはなりますが、この狭さは少し不便だと思いました。

見通しが悪い

ジュークの車高は乗用車と比べて少し高いので前方は良く見えます。
しかし、ピラーが邪魔をして斜め前と、後方は視界が狭く見ずらいです。

デザインを重視しているため、リヤの窓が狭くなっています。

運転初心者の人には向かない車だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加