スバルのフィレスターはスバリストも納得の仕上がり

スバルはスバリストと呼ばれる熱狂的な支持層が多いことで有名ですが、そんなスバリストも認めるのがスバルのSUV、フォレスターです。

フォレスターはスバルの魅力である走りの気持ちよさを体感できる車です。

ここではそんなスバル、フォレスターの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

スバルのフォレスターはSUVに走りを求める人向き

フォレスターの武器は走り

人気のSUVといえば、トヨタのハリアーのように高級感があり、質感のよい車が好まれます。
もちろん、ハリアーも走行性能が高いのですが、スバルのフォレスターのほうが個人的に走りは良いと思います。

2Lの直噴ターボであればどんな道でも走行できる気になれます。

フォレスターはスノーボードや山でのキャンプなどアウトドア向けに作られた車で、その走りは坂道もグイグイ登っていく力強さがあります。

シンメトリカルAWDで車の安定性が違う

スバルのフォレスターのエンジンなどの配置はシンメトリカルAWDというバランスの取れた配置構成をしています。

通常のFFタイプの4WDの場合、エンジンをトランスミッションの配置などにより左右非対称のレイアウトになり、重心が多少左右に寄っています。

左右非対称だと、特に悪路走行時に走行のバランスが崩れやすくなります。
重量が軽い側のタイヤにかかる圧が小さくなるので真っすぐ走っても少しぶれて走行してしまいます。

シンメトリカルAWDはスバル独自の技術によって左右対象のレイアウトにすることで全体的なバランスの向上をしているということです。
左右のバランスが均等にとれているので悪路や高速走行時の安定性に優れているということです。

水平対向エンジンで重心を低くしている

スバルのフィレスターは水平対向エンジンと呼ばれる、形が少し独特なエンジンを使用しています。

従来のエンジンは上下やV字にピストン運動をするのですが、スバルの水平対向エンジンは横向きに、水平にピストン運動していることでエンジンの高さが低くなり、重心が低くなります。

重心が低くなることでカーブ走行時などの横揺れが少なくなり、ハンドリング性能が向上します。

フォレスターの欠点

フォレスターの欠点は燃費の悪さを整備が難しいことです。

まず、フォレスターの燃費は10km/L前後です。

SUVは燃費が重量や大きさから燃費は悪くなるのは仕方ないでしょう。
スバル特有の水平対向エンジンというのも燃費が悪い原因の1つです。

そして、整備が難しいということですが、スバルの車には独特の技術が詰まっています。
水平対向エンジンなどは国内の他のメーカーなどでは扱っていないので、いざという時にスバル以外のディーラーなどに持ち込んでも対応ができない場合もあります。

スバル車に乗るということはそういう部分も受け止める必要があるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加