ホンダのフィットハイブリッドは最高クラスの燃費と室内の広さが魅力

ホンダの一番の売れ筋車種であるフィット。

フィットの魅力はコンパクトカー最高クラスの燃費と室内空間の広さでしょう。

フィットにはホンダのこだわりが感じれる作りになっています。

スポンサーリンク

フィットは普段使いに最適の車

フィットの魅力は最高クラスの燃費

フィットの魅力は、なんといってもハイブリッドです。

ハイブリッド車の燃費はカタログ表記で36.4km/Lと書いてありますが、実際にそこまでの燃費を出せる人はなかなかいないでしょう。

普段の街乗りで22~25km/Lで走行できれば良い方だと思います。

しかし、夏場や冬場のエアコンであったり、短距離だけの走行、アップダウンが激しい坂道などの場合はもっと下がり、15km/Lまで落ちるといった体験もあります。

なので、一概にフィットハイブリッドは燃費が良いと思い込むのは危険です。
燃費を良くするためには走り方にも気を使わなければいけません。

それでも、フィットハイブリッドの燃費はトップクラスですけどね。

フィットハイブリッドとよく比較される車にトヨタのアクアが挙げられますが、基本的には同じくらいの燃費なので、あとは見た目、金額やオプション、ディーラーの対応などを加味して決定するのがオススメです。

室内空間の広さも良好

フィットは初代の発売当時から室内空間の広さには定評がありました。

それは、14年経過して3代目となった今でも受け継がれています。

フィットの室内空間の広さは実際に乗ってこそ実感できます。
後部座席でも、足が詰まることなく乗れるのを体感してください。

しかし、あくまで広いといってもコンパクトカーの中ではというのも忘れずに。

フィットをオススメな人

フィットはスタイリッシュな外観に最新の安全技術までついているのに価格はお手頃といったところも素敵です。

そんなフィットをオススメな人は、

  • 初めて車を買う人
  • 安全運転を心がけている人
  • フィットが好きな人
  • 子供がいるファミリー
  • 落ち着いた車でちょっとゆとりのある空間がほしい人

これに当てはまるような人です。

よくスピードを出す人はフィットハイブリッドの燃費の良さを100%引き出すことは難しいでしょう。
フィットは年齢・性別問わず愛され続けている車ですので、一度体感してみるのが良いでしょう。

フィットハイブリッドのデメリット

フィットハイブリッドにも弱点はあります。

それは走行性能がそれほど高くないことでしょう。
シフトの反応が少し鈍かったり、加速時のレスポンスが弱いのもハイブリッドの特徴です。

普通に街乗りや高速を走る分には特に問題は感じられませんが、
「車には走りを求める!」といった方にはオススメできないのがフィットハイブリッドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加