ダイハツのコペンはセカンドカーに選んでほしい遊べる車

人気のある車といえば、燃費が良くて室内空間が広い車。

そんな車の真逆を行くのがダイハツのコペン。

室内空間は狭く、燃費も決して良いとは言えませんが、楽しいカーライフを送るのには最適な車です。

スポンサーリンク

ダイハツのコペンで楽しいカーライフを

コペンは軽自動車でオープンカーで楽しめる楽しい車

コペンは軽自動車なのに全自動でオープンカーに出来る車です。
ロックを外してスイッチを押すだけで20秒待てばルーフが格納されていきます。

これだけでもワクワクしてきますよね。

晴れた日にオープンカーでドライブが軽自動車できる。

これがこの車最大の特徴です。

実はオープンカーは冬にも楽しめる

オープンカーといえば、冬は寒くて使わないのではと思われがちですが実は冬のオープンカーはとても気持ちがいいのです。

特にコペンはシートヒーターを標準装備しているので、暖められたシートと下からの温風で快適に運転できること間違いなしです。

DRESS-FORMATIONがついに登場

どんなに厳選して選んだ愛車であっても、何年も乗っていると慣れてきて違うデザインの車にも乗りたいと思うものです。

そこで、ダイハツのコペンでは「DRESS-FORMATION」という取り組みが始められます。

DRESS-FORMATIONとは車の外板を樹脂にすることで簡単に着脱できるようにし、車の着せ替えができる取り組みです。

普通、車のデザインは購入時に決めなければいけませんが、コペンであれば購入後でも好きなように着せ替えることができます。RobeからCeroに見た目を変えるといったことが可能になります。

※「DRESS-FORMATION」対応なのはRobeとCeroのみになり、XPLAYは対応していないので注意してください。
サービスの開始は2015年10月からの予定です。

コペンはセカンドカーとして持つべき

コペンはとても楽しいカーライフを送れる車ですが、万能な車ではありません。

コペンの欠点といえば、

  • 2人乗り
  • 荷物が積めない
  • パワー不足
  • 燃費が悪い

ということが挙げられます。

なんといっても2シーターなのでどんなに頑張っても2人しか乗れません。
結婚してファミリーカーとしては無理です。

そして、室内空間が狭く、あまり荷物も載せられません。
ちょっとした買い物程度であれば問題ありませんが背が高いものなどは乗らないので注意です。

そして、軽自動車なのでパワー不足は仕方がありません。
ターボを選択することでカバーはできますが、やはり長時間の運転には向いていないのも事実です。

こういった欠点もいろいろありますが、コペンはとても楽しめる車なのでセカンドカーとしてはイチオシの車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加