VWのビートルは可愛く個性的だが、整備費が可愛くない

フォルクスワーゲンのビートルはかわいくて女性にも大人気。

ドイツ車ということもあって性能もよく安心して乗れる車です。

可愛い見た目で人気のあるビートルですが、整備にかかる費用は可愛くありません。

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンのビートルは整備代金が高くつく

ライトのバルブ交換だけでも一苦労

通常、ヘッドライトのバルブ交換といえば10分~15分もあれば出来る作業で、少し車に詳しい人であれば自分で作業できるくらいのものです。

整備士などのプロに頼んだとしても500円~1500円程度が工賃の相場です。
※LEDやHIDの交換は別です。

基本的な車両はヘッドライトのバルブ交換はボンネットを開けてヘッドライトユニットの裏側に手を入れて交換できるようになっています。
車両によって手を入れるスペースが広かったり、全然なく色々なパーツを取り外したりしないといけない場合があります。

しかし、フォルクスワーゲンのビートルに限っては手を入れるスペースがありません。
どのようにバルブを交換するかというと、ヘッドライトのユニットごと取れるようになっています。

ボンネットを開けるとツメが何カ所かついてあるので、それを引き上げることでヘッドライトユニット自体が浮き出て取り外せるようになっています。

これが曲者で、新車であったり綺麗な状態の車の場合は簡単に取り外すことができるのですが、年式が古かったり、汚れてきている車の場合、ツメを引き上げようにも硬かったり、砂が噛んでなかなか起こせないのです。

プラスチックでできているので無理に力を入れて起こそうとすると簡単に折れます。

難しいこともあり、ビートルのバルブ交換に関しては片方5000円~必要になってきます。
それに場所によっては作業を断られる可能性もあります。

こういったように、独特な形のビートルは少し特徴的な整備が必要になることがあります。

フォルクスワーゲンのビートルの特徴

ビートルは走行性能が高い車

フォルクスワーゲンのビートルは整備こそしにくいですが、走行性能、安全性ともに高くとても良い車です。

さすがのドイツ車といったところでしょうか。

エンジンもノーマルかターボ付きかを選ぶこともできるので車が好きで本格的に走りを求めている人でも満足できます。

ビートルの燃費

ビートルの燃費はあまり良くありません。

街乗りの場合、

  • ノーマルタイプのエンジンで8~12km/L
  • ターボタイプのエンジンだと5~8km/L

程度の燃費になります。

ビートルの乗り心地

ビートルの乗り心地は日本車と比べるとあまり良いとは言えません。

足回りは日本車よりもかたく作られているので、走行性はよくなりますが乗り心地が犠牲になります。

車内も広いとは言えないのでファミリーカーとしては向かない車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加