ドアの凹みの修理方法。小さな傷は板金がいらない?

デパートの駐車場に止めていたら知らない間にドアがへこんでる。

よく耳にするトラブルですよね。

へこんだままにしておくのもいやだけど、板金ってお金かかるイメージでしたくない人も多いはず。

板金ではないドアの凹みの修理方法を紹介します。

スポンサーリンク

ドアのへこみ修理は板金だけじゃない

あまり知られていないデントリペアという方法

板金修理はご存知の方も多いはず。
しかし、板金修理は思っている以上に費用が掛かるイメージがありませんか?

確かに、板金修理の費用は職人さんの技術料になるので高くなることが多いです。

そこでオススメなのは、デントリペアという修理方法。
デントリペアは特殊な器具を使って凹みを修理するという方法です。

板金とも似ていますが、デントリペアの場合塗装が剥げたり、はがしたりしないので塗装の必要がありません。

結果として修理費用を安く抑えることが出来ます。

デントリペアの修理費用は1カ所5000円~20000円程度。
高級車の方が修理費用は高くなります。

いいことばかりのデントリペアですが、欠点は大きな修理は不可能であること。
キズが大きい場合はデントリペアを行うことはできません。

デントリペアができるかどうかは職人さんの腕次第となるのでへこんでしまった部位がある場合はデントリペアの職人さんに一度診てもらうのが良いでしょう。

板金も費用はピンキリ

高くつくと思われている板金ですが、費用はピンキリです。

工場によっては「〇〇円まででやってください」といえば相談に乗ってくれます。

板金修理の工賃には「周囲の部品の脱着代金」がかかってきます。

これは塗装の際に周囲の部品に色が付いたり、熱で変形しないようにするためです。

逆にいえば、部品の脱着はしなくても板金塗装はできます。
その場合は安くはなりますが、もしかしたら周囲の部品に色が付いたり変形してしまうリスクがあるということです。

線傷の場合は無料でできることもある

ドアの修理では線傷の修理も多いです。

線傷はキズの深さによってはコンパウンドで磨くだけできれいに直る場合もあり、板金屋さんによっては無料でしてくれるとこともあるので一度相談してみましょう。

修理が高くつく場合は乗り換えも考えよう

大きな修理の場合はどうしても費用が掛かってしまうのも仕方ありません。

板金修理に大きな費用がかかる場合は車を乗り換えるのも一種の方法です。

愛車を高く売却できれば、修理費用内で乗り換えることも十分可能です。

一括査定で今の愛車の価値がどのくらいなのかを査定してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加