ボンネットがへこんでしまった時の3つの修理方法

ちょっとしたボールが当たってしまったり、雹や砂利などで簡単に凹んでしまうのがボンネットです。

気にならないなら良いのでが、ボンネットが凹んだまま走行するのはちょっと嫌ですよね。

でも、ボンネットの凹みってどうやって修理すればよいかわからないものです。

ここではボンネットの凹みの程度によって変わる3つの修理方法を紹介します。

スポンサーリンク

ボンネットの3種類の修理方法

1.小さな凹みであればデントリペアがオススメ

「ゴルフのボールや雹など、何かがぶつかって少し凹んでしまった!」

ボンネットの凹みはこういったケースが一番多いです。

このように小さな凹み程度であれば、デントリペアという修理方法がオススメです。

デントリペアとは特殊な工具を使用して小さな凹みを修復する技術です。

デントリペアの利点とは、修理後の塗装が必要ないということ。
デントリペアは凹んでいる部分をそのまま押し出し修理する技術ですので塗装がはがれません。

結果として、板金塗装よりもだいぶ少額で修理費用を抑えることができます。

業者によって修理費用が変わってきますがデントリペアの場合一か所5000円~20000円程度で修理できます。

デントリペアの欠点は、小さな凹みにしか対応できないことです。

2.少し大きくなると板金塗装が必要に!

デントリペアで修理できないような修理の場合は板金塗装が必要になってきます。

板金塗装とは、凹んでいる鉄板を特殊な器具やハンマーで修理してパテで元の形を作ります。

そして塗装をすることできれいに修理できます。

しかし、ボンネットの板金塗装は難易度が高く費用が掛かります。

特に塗装の費用が掛かりボディーカラーがパールの場合(キラキラしている色)は左右のフェンダーもぼかしの為に塗装が必要になる場合があります。

しかも、ボンネットは開け閉めが多い部位ですので大きな凹みや傷の場合は板金塗装はあまりオススメしません。

板金修理の費用としては4万円~8万円程度が相場です。

3.ひどい場合は交換したほうが絶対に良い

ひどい場合は交換してしまいましょう。

交換する場合はボンネット本体の費用、塗装費用と脱着の工賃が必要になるので板金塗装と費用が変わらずに修理できます。

ボンネットの交換の場合はボンネット本体とボンネットの内側のカバーのクリップが必要になります。

しかし、今後長く乗る場合は交換しておいた方が安心でしょう。

修理に費用が掛かる場合は乗り換えるのも1つの手段

デントリペアで修理できる範囲であれば良いのですが、板金塗装や交換などで費用が大きくかかる場合は、これを機に乗り換えを考えるのも1つの手段です。

まずは愛車がいくらで売れるのかを査定してから修理するかどうかを考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加