良い査定業者と悪い査定業者とは何が違うのか。

車を売却するときに気になるのが査定業者です。

よく口コミやレビューなどで「良い査定業者です」「この業者はやめたほうがいい」というのを見かけますが、
一体何を基準に良い悪いが決まるのでしょうか。

車を高く買い取ってくれることだけが良い査定業者なのでしょうか。

良い査定業者と悪い査定業者について紹介します。

スポンサーリンク

良い査定業者の定義

適正な査定額をつけてくれる

査定業者はできるだけ安く買い取ろうとしてくるものです。

しかし、その中でも比較的良心的な価格を提示してくれる会社を見極めることが大事です。

1社だけの査定ですと、その業者が適正な価格を提示してきているかはわかりません。
車を査定するときは一括査定を利用して車の相場を知るということが必要になります。

その中で、明らかに低すぎる金額を提示してくるところは当然ですがやめておきましょう。

金額を引き上げようとしても、時間と労力がかかるだけです。

強引な営業をしてこない

複数の業者に査定を申し込んだ場合、しつこく電話をしてきたり、
強引に契約を決めさせようとする業者があります。

もちろん、仕事ですので許せる範囲の営業であれば良いのですが、
あまりにもしつこい場合はしっかりと断りましょう。

「もう他の所に売却が決まりました。」

こういうと大体はあきらめます。

しかし、買取提示額が高く許せる範囲であれば売却しても良いでしょう。

悪い査定業者の手口

二重査定には注意

悪い査定業者の場合、査定額を他の業者よりも少し高めに提示し、契約を取ろうとします。

そして、契約後に

「弊社にて再度査定を行った結果、査定額は〇〇円になります。」

といって査定額を下げてくるところがあります。

このような業者には注意が必要です。

このような二重査定をしている業者は何回も繰り返します。
ですので、レビューや口コミで「二重査定をされた」と書いてある業者には注意が必要です。

契約時にも契約内容をしっかりと確認してから書類にサインをするようにしましょう。

契約書の控えを渡さない

悪質な業者というのは自分たちに有利に進むように契約書の控えを渡さないところがあります。

先ほどの二重査定の内容なども、実際には契約書に書いていないのに、

「契約書には記載しておりますので」の一点張り。

契約をした後は、契約書の控えをしっかりともらうようにしましょう。

何も言わないとくれないところもありますが、
普通の業者であれば、「契約書の控えをください」といえば渡してもらえます。

後日になり、書類がもらえないような場合などは、
メールでもよいので契約内容がわかるものを送付してもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加